歯

上顎の治療の最新技術

一昔前までは歯が無くなると入れ歯を入れるなどが一般的な治療で、入れ歯のがたつきや、物を噛む力の弱さが悩みだとされていましたが、最近ではインプラント治療が主流になりつつあるので、そういった悩みを持つ方は以前に比べて少なくなりました。
またインプラントが主流となってきたことでインプラントの研究、開発は益々進み、以前ではインプラント治療が行えなかった症例であっても、インプラントが行えるようになってきました。

その中でも特に注目されているのは上顎の治療の最新技術です。
インプラントを埋入する際、上下の治療の難しさは異なります。
上下で比較すると、上顎に比べ下顎の治療の方が簡単な治療だとされています。

その理由は、上顎には鼻腔に繋がる空洞が存在し、その空洞を上顎洞と言いますが、上顎からその上顎洞までの幅が短かったり、上顎の骨の厚みが十分にない場合があります。
そうなると、インプラント体を埋入することは難しくなり、以前では、十分に骨がない場合にはインプラント治療を行うことが無理だとされていました。
日本人は欧米人に比べ生まれつき顎の骨の厚みが薄いとされているので、世界で適応されている治療が行えなかったことも原因の一つです。
あごの骨とインプラント治療の関係について知っておくとよいでしょう。

しかし近年では日本でもこのような上顎の難しい症例であってもインプラントが行えるようになったのです。
その治療法とは、ソケットリフトと、サイナスリフトと呼ばれる治療法です。

ソケットリフトは、骨の厚みが薄い場合に適応される治療法で、まず欠損部位の穴から骨となる物質を入れ、上顎洞にある粘膜を押し上げていきます。
そして上顎の骨の厚みを増やすわけです。
この治療は、骨の厚みが4㎜~5㎜ある場合に行われます。

一方のサイナスリフトでは、上顎の骨と上顎洞の距離が短く、骨が薄い場合に適応される治療法です。
こちらの治療では、まず上顎洞にある粘膜を剥がしてから上顎との間にスペースを確保します。
そして自骨や人工骨を入れて骨が出来上がるのを待ちます。

個人差はありますが、これらの治療法で骨が出来上がるには約半年ほどかかると言われています。
骨の厚みが十分に出来てからインプラントの治療を行うという形です。
骨の厚みや状態によれば、インプラントオペと同時に行う場合もあるようです。

このように以前では困難であった治療も行えるようになってきました。
今後インプラント治療はますます進歩していくことでしょう。