歯

医療費控除のしくみ

インプラントの治療を考えているけれど、結構高額なため治療が行えない!と悩んでいる人、多いのではないでしょうか?
確かにデンタルインプラントは、他の歯科治療よりも高額な治療となります。

しかしそんな時、治療の負担を軽減してくれる制度があるのをご存知ですか?
高額医療を受けたことがある方は経験されたことがあるかもしれませんが、その制度とは、「医療費控除」です。
インプラントはこの医療費控除対象の治療となります。
ではそのしくみについて簡単に説明します。

医療費控除というのは、高額な医療費の負担を少しでも軽減するために出来た制度であり、確定申告時期に、税務署への確定申告を行うことで、治療費の一部が返還される嬉しいシステムです。
しかし、高額治療であっても見た目の美しさを補う、歯科矯正や、美容に関わる治療費は医療費控除、対象外となります。
その点、インプラント治療は、美容目的ではなく、欠損に対する治療であり、治療費は高額になるため、この医療費控除対象の治療となります。

申告出来るのは、インプラント治療にかかった費用と、通院のための交通費も申告対象となりますので、これらの領収書は必ずとっておくようにしましょう。
医療費控除額の計算は、所得により変化しますが、「一年間で払った治療総額-保険で補われた金額-10万円=医療費控除」となり、課税対象からの控除という計算になります。
ですからこの計算式で出た金額が返還されるわけではありませんので注意してください。

申告方法は、治療費と、通院のための交通費の領収書の合計を出し、申告書に必要事項を記入の上、提出します。
ですからインプラントは高額すぎて治療に踏み込めないという方でも、このような制度があることを知っていれば、治療に対する姿勢は変わりますよね?
しかし医療費控除の確定申告は自分でしなければなりませんので、必ず領収書をとっておくことと、申告時期を把握しておくように気をつけておきましょう。