歯

インプラント費用の仕組み

インプラントは高額な治療だというイメージがあります。
しかしインプラントは歯科治療における最先端医療で、従来の治療よりはるかに天然歯に近づける素晴らしい治療法と言えます。
そんなインプラントですから、ただ高額だと思わずにその治療における費用の仕組みを知る必要があると言えます。

そもそもデンタルインプラントは、保険適応外の治療で、自由診療となります。
そのため、患者は高額な医療費を全額自己負担しなければなりません。
そして保険治療の様に国が点数などを定めているわけではありませんから、各医療機関により治療費はバラバラで、安い所から高い所までピンキリです。
ですからインプラントを受ける際には、費用というのは医療機関を選ぶのにとても重要となります。

クリニックの広告費用や、インプラントのメーカーにより費用が異なると言われていますが、大体治療の何に費用がかかっているのでしょうか?
その仕組みを説明していきます。

先程申し上げたように、費用は各医療機関で異なりますが、まずインプラントを受けることが出来るかどうかの診断、検査費用がかかります。
この中には、採血や、CT、画像診断などが含まれます。

そして次に手術費用がかかります。
この費用には、インプラント代、アパットメント、被せ物(人工歯)、埋入手術費用が含まれます。
そして更に口腔内の状況や、骨の状況により他の治療が加わり別途費用が必要となります。

またインプラントのメーカーや、被せ物の種類(セラミック、ゴールドハイブリッドなど)をオーダーした場合、オプション費用がかかります。
インプラントは一本単位の料金になりますから、本数により違いますし、また治療部位によっても費用は大きく異なります。
一般的に一本30万~40万円が相場と言われていますが、これもメーカーや種類により異なります。

このように治療法は同じであっても医療機関により費用の違いが出てくるのです。
もしインプラントを検討されている方は、安易に医療機関を決定せず、費用の仕組みをよく理解し、医師と相談しながらインプラント治療を受けるようにしましょう。
インプラント治療の歯科医選びにこちらも参考になります。