歯

歯との結合

インプラントは欠損部位を補うだけでなく、見た目は従来の義歯に比較してとても自然で美しくなります。
また噛む力も骨に埋め込まれているために、天然歯と近い感覚が得られ違和感が少ないとも言われています。
こちらのサイトにインプラントとブリッジ・入れ歯の違いや特徴についてかいてありますので参考にしてください。
そんな見た目や噛む力が天然歯に近いインプラントですが、天然歯との結合ではどうなるのでしょうか?

まずインプラントの治療法というのは、自分の顎の骨を土台として、インプラント体を埋め込み、人工歯を被せる治療です。
そのインプラント体の多くは、骨と結合しやすいとされるチタン性のものがほとんどで、歯だけではなく、骨との結合させる外科手術ではチタンのものが多く使用されています。
では骨に結合するのであれば、天然歯とも結合するのでしょうか?

天然歯と結合させるというよりも、インプラントをかなりの本数を埋入する際、かなり費用は高額となります。
そんな時、インプラントとまだ健康である天然歯をブリッジで連結させるという方法があります。
この方法では、インプラントの本数が少なくなるため、費用は安く、治療は少ない範囲で抑えることが出来ます。

しかしながら基本的に、インプラントと天然歯の連結は望ましくないとされています。
というのも、見た目や噛む力は天然歯と良く似ていますが、歯の構造自体は大きく異なります。
天然歯には歯根膜という噛んだ時の力を分散させる役割のものがあり、自然と骨全体に負担を軽くしてくれるのですが、インプラントには歯根膜は存在しません。
つまり、噛む力は分散されることなく、吸収してしまうわけです。

となると、天然歯とインプラントをブリッジで連結させると、噛んだ力は他の歯や骨に変に加わり、健康であった歯や、インプラントの歯までもの症状を悪化させてしまう可能性もあるのです。
チタンと骨はくっつきやすいのでは?と思うかもしれませんが、インプラントは構造物を介して骨と結合しているわけであり、直接的に結合しているわけではありません。
よって天然歯との結合も直接するわけではなく、むしろ、インプラントのみの治療を行う方が、費用は高くなりますが、安全で簡単な治療となるわけです。

まれに医師の判断でインプラントと天然歯を連結させるという治療になる場合がありますが、その際にはなぜそうした方が良いのか?など詳しく説明を受けてから治療を行い、しっかりとケアやメンテナンスを受けるようにしましょう。
インプラント治療後のアフターケアについてこちらもご覧ください。