歯

GBR法(骨再生誘導法)

インプラント治療を受けるにあたって、適応とされる条件の中に、「自分の骨の厚みや高さが十分である」ということが含まれています。
しかし近年ではインプラント治療の普及と医学の進歩により、以前は困難であった「骨が十分に足りない場合」にもインプラント治療が行えるようになってきました。

通常インプラントをする際は、歯が欠損した部位の自分の骨を土台とし、インプラントを埋入しますが、骨の厚みや高さが足りない場合は、インプラントを埋入してもインプラントが露出し、むき出しの状態になってしまいます。
それを防ぐための治療法がGBR法です。

GBR法とは、骨の再生を促す治療法ですが、まずこの治療には粉砕した自分の骨や、骨の変わりとなる材質を使用します。
場合により、腰骨から骨の移植を行うこともあります。
そして、インプラントを埋入し、そのインプラントを支えにしながら人工膜を造りあげます。
そうすることにより骨を作るスペースが出来るわけです。
そのスペースに骨となるものを入れ骨の再生を促します。

人工膜はメンブレンと呼ばれる物で造られ、柔らかな繊維性のものを防ぐ働きがあります。
そのため歯肉組織などの巻き込みを防いでくれます。
そして骨が再生するのを待ち、骨が完成したら、人工歯をはめていきます。

骨が出来るまで個人差はありますが、大体約4~6ヶ月必要とし、その間にはなるべく刺激を与えないようにすることが大事となります。
こうすることにより骨が十分に足りなくてもインプラント治療が受けられるようになったのです。

しかしながら骨が無くても簡単にインプラントが出来る!と放置はしない方が良いのです。
というのも、歯が欠損している間が長い程、歯槽骨は徐々に痩せ骨が不足してしまいます。
そうなると、このGBR法も難しい治療となりますので、歯が欠損した場合にはなるべく早く治療を受けるようにしましょう。